テレビで紹介されました。2014年7月4日金曜日放送 朝の情報生ワイド番組 テレビ熊本「英太郎のかたらんね」の人気コーナー「よりどり特撰」で 生で食べられる鈴かぼちゃが紹介されました。
メインキャスターは、英太郎さん、本田千穂アナウンサー
リポーターは、浜田友里子さん。

新顔野菜「鈴かぼちゃ」の紹介

スタジオで、生でおいしく食べられる鈴かぼちゃ。と、リポーターの浜田さんが鈴かぼちゃを手に取り、「手のひらサイズ。かわいらしい大きさ」「愛情込めて作られている鈴かぼちゃ」と紹介した。
「生で食べられるので栄養も損なわず美味しく食べる事が出来ます。丸ごと全部食べられるシャキッと食感の鈴かぼちゃ」とコメントした。

熊本産鈴かぼちゃの生産者と栽培地を紹介

その後、鈴かぼちゃの圃場を紹介。鈴かぼちゃに傷をつけることなく出荷できるよう上から吊るして育てている小佐井さんの栽培風景を紹介した。
そして、一般的なかぼちゃとの比較をその場で実演。生でたべられ皮が軟らかい鈴かぼちゃを浜田リポーターがカットし「ほんとにかぼちゃですか?」「鈴かぼちゃは柔らかくまるでじゃがいもを切っているみたい。」とコメント。包丁がスーと通りましたよ。と話していました。
さらにその場でカットした鈴かぼちゃを試食。「しゃきしゃきしておいしい。みずみずしい。」とコメント、種まで食べられることに驚いていました。

生産者が教える鈴かぼちゃレシピ

生産者の奥様達にお手軽鈴かぼちゃ料理を取材。まず、鈴かぼちゃのサラダを紹介した。鈴かぼちゃは、中のワタと種をくりぬき、歯ごたえがあるので少し厚めにカット。あとはお好みの野菜を適当な大きさに切ってお皿に盛り、ゆで卵やハムを並べ、その上に鈴かぼちゃの種をちらし種まで食べられる鈴かぼちゃをアピールしお手軽サラダ。
さらに、鈴かぼちゃとトマト、玉ねぎを混ぜたオリジナルのドレッシングのレシピも紹介。それをサラダにかけ、野菜たっぷりのサラダを紹介した。
もう一品は、鈴かぼちゃをカットし市販の浅漬けの素を混ぜるだけの「鈴かぼちゃの浅漬け」。材料を混ぜるだけで冷蔵庫に2時間寝かすと完成のお手軽な一品。

生で食べられる鈴かぼちゃならでわの味と食感の料理

完成した料理を子供たちも試食。美味しいと大満足の味だったそうです。そのあと、スタジオでも出演者たちが実際に鈴かぼちゃ料理を試食。メインキャスターの英太郎さんも「おいしい。」とコメント。かぼちゃらしからぬ味と食感に関心され、噛むと甘みが出てくる鈴かぼちゃを味わっておられました。出演者たちも、いつもと違う食材が食卓にならぶ事で食生活が豊かになる。これから暑い季節に火を使わず調理でき、生のまま食べられる鈴かぼちゃはおすすめ。と話し、「かぼちゃを食べている感じではなく食べてみないとわからないと思います。たくさんの方に知ってもらって味わった欲しいですね。」と締めくくった。

夏にピッタリな一味違うかぼちゃ

今回は、熊本の鈴かぼちゃの生産者、小佐井さんと高永さんが出演されテレビで取材されておりました。サラダにピッタリな鈴かぼちゃは、手のひらサイズのかわいいミニカボチャ。カットした果肉の彩りも良く種も皮も生で食べられる新食感のかぼちゃです。

アグリジャパンでは、こだわりの生産者と契約し、安心安全な農作物を提供できるような仕組みを作っております。番組の中でもご紹介頂いた通り、普段、野菜売り場で目にしない地方の伝統野菜や珍しい野菜を消費者の皆様に紹介し、野菜を食べる楽しみをお届けできたらと考えております。健康で豊かな食生活をご提案できるよう努力していきますのでよろしくお願いします。