2013/12/22、冬至。

冬至といえばかぼちゃ。日本にはこの時期にかぼちゃを食べる習慣があることから、沖縄、宮古新報で「サラダで食べるかぼちゃ・きょう”冬至”」という見出しで鈴かぼちゃが紹介されました。


 

沖縄・宮古島で栽培されるちょっと変わった「かぼちゃ」

冬至と言えばかぼちゃを食べる習慣がありますが、沖縄の宮古島で冬から春に栽培されるちょっと変わったかぼちゃが栽培されていると記事になりました。
かぼちゃと言えば煮物などに使われ一般的に食べられるえびす南瓜やほくほくした食感が特徴の栗かぼちゃが主流ですが、宮古島ではサラダ等に使われる生食用のかぼちゃ「鈴かぼちゃ」があります。そこで今回、栽培している生産者が紹介されました。
紹介された沖縄・宮古島の鈴かぼちゃの生産者は、今年の9月末に発生した台風で野菜の定植が遅れ、強風や雨が野菜の生育に影響を与えている事を語りました。また、農作物の栽培の苦労話も記載されています。

>>記事を詳しく見る